壁から一定のスペース離して設置するのが望ましい

ウォーターサーバーを購入しても、設置をしようと思っていた場所のスペースが足りずに置けなくなったという事例は珍しくありません。そのため、ウォーターサーバーを導入する際は、あらかじめ設置できるだけのスペースが確保されているかを確認しておく事は重要です。ウォーターサーバーは水を冷却する時に熱を発するため、冷蔵庫などと同じ様に後ろと左右に一定のスペースを空ける必要があります。基本的に壁から少なくとも10センチほど離してウォーターサーバーを設置するのが望ましいと言われています。特に比較的狭いスペースで使用する場合は、設置するウォーターサーバーのサイズをきちんと測り、問題なく使用できるかチェックしておく事はとても大切です。

延長コードを使わなくても電源がつながるような場所が良い

ウォーターサーバーを設置する場合、延長コードが必要ない場所に設置するようにしましょう。理由としてはウォーターサーバーが水を使う製品であるという点です。ウォーターサーバー自体は水漏れが発生するリスクは極めて低い製品と言えます。しかし、万一水漏れが発生すると漏電や感電といった可能性も否定できないため、延長コードを使用した設置は避けるのが賢明です。そのため、設置する際は、延長コードを使用せずにコンセントで直接電源につなぐ事が可能であるか確認しておく事も大切なポイントとなってきます。またウォーターサーバーの近くにウォーターボトルが置けるかも確認しておくとさらに良いでしょう。ボトルは重いので、近くに置いておけば空になったときにスムーズに交換できます。